社会福祉施設経営者同友会  〒543-0045 大阪市天王寺区寺田町2-5-6-902 電話 06−6772−1360  Fax 06-6772-1376

同友会とは

社会福祉施設経営者同友会は

社会福祉施設経営者同友会は、1985年12月に、国民の権利としての社会福祉を守り、民間社会福祉経営の維持発展をめざして結成されました。

活動の基本として、社会福祉法人・施設経営の三原則

利用者の生活と権利(利益)を守る。
職員の雇用・生活を守る。
法人・施設の事業の継続と発展に努める。

この三つの原則を統一的に追求していくこと、そのために協力共同の力を大きくしようと活動しています。会員の要件は、社会福祉法人の役員、施設長および管理者です。

その実現をめざし

   人材確保施策を求めてデモ行進   人材確保施策を求めてデモ行進

  • 公的福祉再生のとりくみを関係団体と共同してすすめます。
  • 行政への要望活動をおこないます。
  • 民間社会福祉経営の維持発展に必要な調査、研究をすすめます。
  • 施設経営管理者の専門性を高める研修をおこないます。
      ※財務管理、労務管理、資産(建物)管理、人材育成、専門分野など
  • 専門相談員により、会員の法人経営、施設運営をサポートします。
  • 福祉を担う人材の確保と有効活用をすすめるために会員間の情報交換をおこないます。
  • 機関紙(福祉経営)を毎月発行します。
  • 平和と福祉を守るとりくみをすすめます。

福祉同友会の主な活動

共同のとりくみ
・福祉人材問題検討会など諸団体と共同で学習・研修・福祉運動にとりくんでいます。
・2年に1回「近畿・東海経営研究交流集会」を開催しています。
部会活動
・研修・経営交流部会⇒毎年、管理職のための会計研修、労務研修を行うともに、情勢に対応した研修、法人・施設のとりくみの交流を行っています。
・調査研究部会⇒会員法人と施設の経営実態調査を行い、会計と経営について専門家による分析を行い、学習・研修を行っています。
・保育部会⇒保育関係法人と施設が集まり、情勢に見あった学習会、署名のとりくみ、見学等のちょこっと研修、副園長・主任セミナーなど幅広い活動を行っています。
・人材確保部会⇒職員の採用が厳しくなる中、社会福祉事業の大切さを知っていただき、より良い人材確保に向けて取り組んでいます。

管理職養成学校
・2013年度より開校、半期を通じて事業運営、財務管理、人材育成などをプレゼンと集団ワークを中心に学び、次代の福祉を担う管理者の育成をめざしています。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional