社会福祉施設経営者同友会  〒543-0045 大阪市天王寺区寺田町2-5-6-902 電話 06−6772−1360  Fax 06-6772-1376

研修会・集会

研修会・集会のご案内

きょうされん大阪支部・日本障害者センター・社会福祉施設経営者同友会 共催

「介護・障害報酬改定にみる社会福祉の動向」

日時 2018年4月27日(金)14時~17時
場所 たかつガーデン 2階コスモスの間
費用 無料
定員 75名(定員になり次第締め切ります)

大阪合研を成功させよう!! 保育部会主催 プレ集会 

「I CAN 核兵器禁止条約と原爆医療訴訟 子どもたちに平和な世界を」

日にち: 4月24日(火)19:00~
場 所: ねむかホール (大阪市中央区谷町7-1-39 新谷町第2ビル3階) 
講 師: 眞鍋 穰 先生 (I CANのメンバー)

釜ヶ崎のまち短期留学 

           主催:総合社会福祉研究所
=申込受付中=

日 時 = 3月13日(火) 10:00-16:00終了予定
会 場 = 太子老人憩の家
定 員 =25名
参加費 = 4000円 (昼食代込)

内容:10時~13時 
   釜ヶ崎の変容ーひと・まち・もの
     講師:生田武志さん
   14時~16時30分
   釜ヶ崎のまち地域見学
     講師:水野阿修羅さん

施設長・管理職のための会計業務 一日講座 パート2 応用編 

日 時 = 1月12日(金) 10:00-16:00
会 場 = たかつガーデン 2階 鈴蘭の間
講 師 = 山本 匡人 氏 (中央会計税理士法人)
定 員 =45名(定員になり次第締め切らせていただきます)
参加費 = 会員2000円 非会員3000円

調査研究部会 経営実態アンケート(法人運営・財務)報告会 

日 時 = 11月 9日(木) 10:00-16:30
会 場 = たかつガーデン 2階 コスモスの間
定 員 =78名(定員になり次第締め切らせていただきます)

施設長・管理職のための会計業務 一日講座 パート1 基礎編 

日 時 = 11月24日(金) 10:00-16:00
会 場 = たかつガーデン 2階 鈴蘭の間
講 師 = 山本 匡人 氏 (中央会計税理士法人)
定 員 =45名(定員になり次第締め切らせていただきます)
参加費 = 会員2000円 非会員3000円

第14回 近畿・東海福祉経営研究交流会 

今こそ憲法を暮らしの中に生かそう ~社会福祉の原点に立ち返って、今の情勢に立ち向かう~
日 時 = 12月7日(木)8日(金)
会 場 = メルパルク京都(JR京都駅 徒歩1分)
定 員 =250名(定員になり次第締め切らせていただきます)

保育部会 第6回 副園長・主任交流会 

日 時 = 10月25日(水) 10:00-16:30
会 場 = たかつガーデン
講 師 = 杉山 隆一 氏 (大阪保育研究所)
定 員 =60名(定員になり次第締め切らせていただきます)
参加費 = 2500円(昼食付。当日受付でお支払いください)

保育部会 ちょこっと研修 -野洲「きたの保育園」と特別養護老人ホーム「ぎおうの里」、近江八幡「ヴォーリズ記念館」 見学バスツアー-

今年度のちょこっと研修は、滋賀県にあります、野洲慈恵会「きたの保育園」と特別養護老人ホーム「ぎおうの里」見学、近江八幡「ヴォーリズ記念館」の見学・散策です。

「きたの保育園」では、児童福祉法や子どもの権利条約の理念に基づいて、「異年齢保育」を通じて子ども達の発達を保障する保育を実践しています。また、地域にとっても保育園が子育ての支援の場となる役割を果たすことができるように子育て支援センター、一時保育などを積極的に展開されています。「ぎおうの里」は地域密着型で運営している、全室個室の特別養護老人ホームです。

また、近江兄弟社の創立者であり、キリスト教伝道・医療・福祉・教育事業を展開して地域社会を始め、日本国内に歴史的な足跡を遺した帰化日本人であるウィリアム・メレル・ヴォーリズ(一柳(ひとつやなぎ)米来留(めれる))が満喜子夫人と共に過ごした住居であった「ヴォーリズ記念館」を見学し、近江八幡市内を散策します。

「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三つの「良し」。近江商人の活動理念である「三方良し」。売り手と買い手がともに満足し、また社会貢献もできるのがよい商売であるという精神です。今回の研修ではこういった精神も学んでいきたいと思います。ぜひご参加ください。

日 時 = 11月15日(金) 8:30-18:10
集 合 = JR新大阪駅
定 員 =25名(定員になり次第締め切らせていただきます)
参加費 = 12,000円(当日お支払いください)

研修・経営交流部会 研修会 「若い人たちが働き続けていくには~人材育成と職場づくりについての交流~」

研修・経営交流部会では定番の研修として「労務管理」「財務」について取り組んできました。今年度はこれらの研修に加えて「人材育成」について交流できる研修会を実施することになりました。採用そのものについても容易ではない昨今ですが、採用した人材をどのように育成して職場の活力を生み出していくのかについては悩みがつきないのではないでしょう?今回の交流会では、そのような人材育成と職場づくりについて3つの法人に事例報告をしていただいて、意見交換するなどその取り組みについて大いに交流を図りたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

日 時 = 10月19日(木)  PM2:00~4:30 
会 場 = 大阪府社会福祉会館
内 容 = 人材育成についての事例報告&質疑応答 3本
定 員 =40名(定員になり次第締め切らせていただきます)
参加費 = 無料

福祉同友会障害部会 見学研修会 -NPO法人ほっとすまいる 地域共生ホーム「すまいる」「ほっとすまいる」 -

「共生型サービス」という新しいかたちのサービスが注目を浴びています。全国では富山方式が有名ですが、大阪でも先駆的に共生型事業にとりくんでおられる法人があります。
「老人デイサービスセンターであり、託児所であり、児童館であり、障害児・者が集える場所であり、公民館のロビーであり、行きつけの喫茶店であり、出かける時に用事を頼む近所の実家です」という事業所です。
障害部会だけでなく他の部会のみなさん、また管理者・会員でない方も歓迎します。関心をもたれた方のご参加をお待ちしています。「地域共生型サービス」のありようをいっしょに学びましょう。

日 時 = 10月6日(金) 午前11時~午後2時ころ 
場 所 = 地域共生ホーム「ほっとすまいる」および「すまいる」
定 員 =20名(定員になり次第締め切らせていただきます)
参加費 = 無料

福祉同友会保育部会 研修会 -保育士の専門性と処遇改善加算Ⅱパート2~実際の運用を考えよう~-

日 時 = 9月22日(金) PM2:00~5:00 
会 場 = 大阪保育運動センター 2階 202号室
定 員 =80名(定員になり次第締め切らせていただきます)
資料代 = 無料

福祉同友会保育部会 研修会 -保育士の専門性と処遇改善加算Ⅱ~保育指針改正をどう考える~-

日 時 = 8月25日(金) PM2:00~5:00 
会 場 = 大阪府社会福祉会館 503号室
講 師 = 杉山 隆一 氏 (大阪保育研究所)
定 員 =80名(定員になり次第締め切らせていただきます)
資料代 = 会員500円、非会員1,000円(当日受付でお支払いください)

労務管理・社会保険研修 -労務管理の基本と改正育児介護休業法-

日 時 = 7月28日(金) PM1:30~4:00 
会 場 = 大阪府社会福祉会館 505号室(裏面の地図を参照)
講 師 = 井村 佐都美 氏 (社会保険労務士)
定 員 = 50名(定員になり次第締め切らせていただきます)
資料代 = 1,000円(当日受付でお支払いください)

第5期 管理職養成学校 開校決定

 私たちの担う、「権利としての社会福祉・社会保障」を守り発展させるために、民主的経営を担う次世代の管理者・管理職を育成することの重要性は、ますます高まっています。
 前期では16名3クラスの編成で出発しましたが、受講生のうち、宮城1名 福岡1名 兵庫2名と、4名もの大阪府外からの受講がありました。
 管理職養成学校はこれまで4回開講し、卒業生は延べ59名。第1期~第3期卒業生のうち65%の人たちが昇進・異動により新たな事業を担う柱として活躍しています。
このたび第5期の概要が決定いたしました。ぜひ、ご参加ご検討ください。

【講義日程】
開校式 2017年 8月24日(木)       学校の意義と取り組み方について
第1回 2017年 9月28日(木)       管理職に求められるもの
第2回 2017年10月26日(木)       社会福祉法人のあり方
第3回 2017年11月16日(木)17日(金) 一泊研修:組織運営について
第4回 2017年12月20日(水)       財務分析と事業計画
第5回 2018年 1月25日(木)       修了式:中長期事業計画

【主な会場】
大阪府教育会館たかつガーデン(大阪市天王寺区東高津町7番11号)

共同学習会:「『我が事・丸ごと』地域共生社会」は私たちをどこへ導くのか

 退職金補助金削減にみられる政府・財界が推し進める「イコールフッティング」論の背景には何があるのか、更にいま政府が推し進める「我が事・丸ごと」共生社会は、国民をどこに導くのか、そのねらいを明らかにしていきます。
 これからの福祉豊かな地域をどう展望し、あわせて働き続けられる福祉労働者の労働条件の確立にむけて、どのようにアピールし、職場・地域で運動をすすめていくのかを深めます。

日時:2017年6月8日(木)19:00~20:50
場所:大阪府社会福祉会館301号室
講師:浜岡 政好 氏(佛教大学名誉教授・元副学長)

(共催)社会福祉施設経営者同友会・全国福祉保育労働組合大阪地方本部

情勢学習会:福祉経営から見た「『我が事・丸ごと』地域共生社会」の課題

2017年度に入り、「社会福祉法等の一部を改正する法律」が本格的に施行されます。2018年度には医療・介護の報酬改定も控えており、それに先立って「地域包括ケア強化法案」が厚生労働委員会で審議予定となっています。この法案は、「『我が事・丸ごと』地域共生社会」の実現に向けた第一弾です。その中で社会福祉法の更なる「改正」も予定されており、社会福祉法人が行政の一機関として組み込まれていく動きが加速していくことになるようです。私たちの福祉経営のかじ取りはますますシビアなものになっていくことが想定されます。

そこで、これらの問題への対応などについて情報交換や意見交換をしながらどのように対抗していくのかを検討する情勢学習会を企画し、以下の日程で行います。当日は4月10日に日本障害者センターが行う予定である厚労省交渉の報告もいただく予定です。会員の皆様のご参加をお待ちしています。

講 師 山崎 光弘 氏(日本障害者センター 事務局次長)
  ※ 東京から スカイプ通信にて 報告いただきます。
日 時 2017年4月21日(金)10時~12時
場 所 たかつガーデン2階 コスモスの間(大阪市天王寺区東高津町7番11号)
参加費 500円
対 象 福祉同友会会員(研究者等で希望があれば参加いただきます)

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional